きもの歳時記 秋

秋の柄
秋の七草、秋の花、月、紅葉、雁
秋の柄は風情がありますね。
地色も濃い色が多いでしょう。秋から冬にかけては濃色の着物が似合うと思います。
反対に春から夏へ向かう時期は薄色が涼しくみえてよろしいと思います。


久しぶりの袷は重い
十月になって始めての仕事日。
袷を着ましたが、仕事を終えて帰途につく頃体が重くてしかたがありませんでした。
まだまだ暑くて汗もでました。そこで大島を着ることにしました。大島紬は下にも書きましたが軽くてさらっとした感触です。大島に合わせて帯も名古屋帯にしたところ、とても着易かったのです。
春から夏にかけて大島を着て、秋から冬に向かう時は、他の真綿紬が良いと先輩は言いましたけど、ある意味納得です。
大島はさらっとした感触と軽い着心地だからです。


長襦袢も袷
十月になれば、着物も長じゅばんも袷になります。
長じゅばんとは下に着るものですね。
昔は長じゅばんも裏がつきました。でも今では袖無双と言って袖だけ裏を付けていることも多いです。
現代は冬でも部屋は暖房が効いているでしょ。そう寒くないからです。
だから長じゅばんの胴だけ単にして袖を袷にするのです。これを「うそつき」と言います。面白いネーミングでしょ。

胴の部分は見えません。でも袖は振りからじゅばんが見えるので、そうなったのでしょう。
今の長じゅばんはおしゃれな色柄が多いですね。
昔は、薄いピンクかブルーの無地が多かったのですが、今は、小紋柄とか縞柄とかあります。ちなみに私の持っている長じゅばんの中には唐辛子柄があります。
(ただまだ仕立てていませんけど)


十月から袷です
着物の裏が付いているのが袷です。裏とは胴裏と八掛を言います。
着物の裏は二部に別れています。上半身は胴裏。下半身の部分が八掛です。胴裏は白ですが八掛は着物の色に合わせます。これが決まればお洒落上手ですね。
同色にすれば上品、柄の色を取るのも、一つの方法です。着物より、少し薄い色もいいでしょう。私の好きな黒い色の着物には茜色の八掛を付けました。八掛には無地とぼかしがあります。ぼかしは格上の着物につけます。留袖、訪問着、振袖、付け下げ等。
小紋や紬には無地が良いでしょう。

余談ですが、仕事着にしている私は、裾が擦り切れるので無地の方が後の手入れが楽です。
歩いていて見える八掛にも気を使ってください。


ベージュに合う色
大方の着物に合う色として黄土色系をお勧めしましたが、貴方は黄土色にどんな色を持ってきますか。
今日、私が着たのは黒地の紬系にブルーグレイのとび柄です。着物と帯は昨日と同じでした。そこで帯揚げと帯締めを変えてみました。
昨日は臙脂色の帯揚げと帯締め。これは明るく見えます。今日は深緑色の帯揚げと帯締め。この色は着物と色のトーンが同じ濃さなので粋に見えます。少し地味かもしれませんが、私はこちらの方が好きですね。


帯の色
多彩な着物の色に帯。どう合わせればいいのか迷いますよね。そんな時、着物の色から取ればいいと言われています。
それでも迷う時にいい方法があるのですよ。これならどの着物にも合うだろうと言われている色です。
それは黄土色、もしくはそれに近い色。
枇杷茶、朽葉色、琥珀色など日本名がついているけど、洋風でいえばベージュ系です。
この色の帯を持ってくれば、大方の着物にあいますよ。
とても便利です。


単衣の大島
大島の特徴は軽くてサラッとしているところですね。
しかも、着易いんです。着崩れしにくいと思います。
更に(笑)水にも強いので、お天気の悪い時など安心して着れそうです

大島は車輪梅という木を煮て染料を出します。それを独特の泥で洗っては又染めを繰り返して糸を染めていくので、水に強いのです。
先染めと言われ、糸を先に染めます。そして図案に合わせて糸を縦糸と横糸に分けて織っていきます。これがとても面倒な作業で一本掛け間違えるだけで、すべてダメになります。だから細かい柄ほど作業も多くなるわけです。

大島の黒は灰黒と言われる少し薄い黒が多いので、黒くてもきつくなりません。
でも、後染めで染めると黒い地色になるのかな。
後染めは織った後から図案どおりに染めていくものです。
模様も思いのままにできますので、先染めほど手数はかかりません。
昔は作業着だったから、もちろん強くて軽く水にも強いのは当たり前ですよね。
今では、織る方の人数も減り、高齢化が進んでいるとか。
大島もおしゃれ着として、いろんな柄が出ています。

私は、着物を着慣れていない方には大島をお奨めします。
着易い、着崩れしにくい、水に強い等々の特徴があり、おしゃれ着として街着として着る範囲が広いからです。


九月は単衣の季節
袷まで、わずか一ヶ月の間に着る着物。
まだ秋でもない、さりとて夏の暑さは残っている。
この微妙な季節の間を楽しむための着物。
着物は裏がありません。帯は軽めの博多献上か綴れ帯
もしくは、塩瀬も軽くていいかもしれませんね。

持っている着物は、いずれも紬になってしまってます。
黒系や薄いベージュ系です。
若い頃は、友禅に惹かれましたけど最近は紬のしっとりと
落ち着いた感じが好きになりました。
紬なら、気軽にお遊び着としても着れますから、着る機会も沢山出てくるものです。